スポーツ

【鈴木監督退任】ジュビロ磐田の新監督は誰に?予想してみた

更新日:

ジュビロ磐田の鈴木秀人監督が体調不良でわずか1ヶ月で退任する方向になりました。

新監督として1ヶ月で退任は大変残念ですが、今後2019年シーズンのジュビロ磐田はいったい誰の監督のもとでやっていくのでしょうか?

そこで、今後ジュビロ磐田の新監督は誰になるのかを私なりに予想してみたいと思います。



ドゥンガ

ブラジルの元代表でジュビロ磐田でも1995年~98年にプレイしていました。

ブラジル代表監督としても就任していましたが、南アフリカワールドカップでの準々決勝敗退の責任を取り、2016年に解任されています。現在フリー状態。

ブラジルで監督経験があるし、ジュビロへのよしみもあるので、やってもらいたい監督でもありますね。

情報では外国人を中心に監督の打診をしているということでドゥンガが有力候補に上がっているんじゃないかな~と予想しています。

 

フェリックス・マガト

元西ドイツ代表選手で、ドイツのブンデスリーガにての監督歴もあり、最近では中国の山東魯能の監督をしていたが2017年に退任。現在フリー状態。

日本人コレクターとも知られており、他の監督と違い、新規で日本人を獲得する監督はマガトをおいて他にいないほど日本人選手に高い評価を持つ。

後述する長谷部誠選手もヴォルフスブルク時代に抜擢している。

軍隊式トレーニングをし、早朝からランニングをするなどトレーニングに厳しい監督で知られているので、最下位を低迷するジュビロ磐田にとっては新たなカツが入ること間違いなしだ。

 

長谷部誠

元日本代表のキャプテン。引退して間もない近年日本代表の立役者。

静岡県藤枝市出身なので地元静岡でぜひ監督をやってほしい人物です。

ロシア・ワールドカップ、南アフリカワールドカップでの統率力、コミュニケーションの高さは日本人誰もが知るところ。

また、岡田武史監督や西野朗監督とのやりとり経験もあり、監督として今後デビューするのもありではないかと思う。

選手としてもMFやDF位置にいるため、周りを見る視野の広さも監督として生かされると思うので、受けてほしいな~と思います。

長谷部選手自身もドイツで監督の免許を取って監督をしてみたいという夢も語っていましたし、他の外国人選手から、「日本代表はなぜ自国の監督じゃなく、外国人の監督なのか?」と疑問を持たれたことをきっかけに日本代表監督は日本人がした方が良いのでは?とも感じていたそうです。

なので、まずジュビロ磐田でしっかり国内チームの監督を積んで、ドイツに行ってもいいんじゃないかなと個人的には思います。

なので、新監督やってほしいなと改めて思います。

いかがでしたでしょうか。

現在、最下位に低迷するジュビロ磐田。

今後の新監督は、そんなジュビロ磐田を復活させることが至上命題です!



 

-スポーツ

Copyright© SAITAN Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.